WordPressで構築するブログやホームページで使える月額が安いおすすめのレンタルサーバーを紹介します。

基本のサーバーの比較条件としてWordpressのインストールが簡単にできるかやDBの設定が管理画面でやりやすい等も基準としています。

また、独自ドメインのSSL(Let’s Encrypt)が無料で使えるレンタルサーバーを紹介します。

ワードプレスのサイトも管理しやすいエックスサーバー

エックスサーバー

複数のドメインを設定できるマルチドメイン無制限と標準と言ってもいい独自SSLが無料で使える(Let’s Encrypt)レンタルサーバーです。

10日間のサーバー無料お試しがあります。

初期費用 3000円
最低契約期間 最低3ヶ月から
月額料金 sX10プラン 900円~
マルチドメイン 無制限
データベース MYSQL(50個~プランによります。)、SQLite
FTP ドメインごとにFTPアカウントを複数発行可能
WEBフォント モリサワフォント(新ゴ、リュウミン、一部のUD書体も使用できます)
月25000PVまで。
SSL 無料独自SSL(Let’s Encrypt)を使用可能。
サイトシールを掲載したい場合は有料のSSLもあります。

価格は税別です。

エックスサーバーはWordpressの簡単インストール機能が付き、管理画面が使いやすいレンタルサーバーです。
複数のマルチドメインは全プラン対応、無制限のメールアドレス、バックアップ機能などのサービスが低価格で利用できます。

初心者の方、アフィリエイト、企業やWEB担当の方までオススメのレンタルサーバーです。

サポート体性は電話サポートもあり、信頼できます。

エックスサーバーはこちらから

管理画面が充実してきた「さくらレンタルサーバー」

さくらレンタルサーバー

さくらのレンタルサーバもWordpressが簡単に設置できるレンタルサーバーです。
色々なプランがありますが、その中でもスタンダードプラン以上がWordpressで使用できます。

複数のWebサイトを管理する場合はビジネスプラン以上をおすすめします。

ホームページ:https://www.sakura.ne.jp

初期費用 1029円
マルチドメイン数 ドメイン設定可能数は100(スタンダード)
月額料金
バックアップ バックアップ機能があります
転送量 80GB/1日

価格は全て税別です。

ワードプレスなどWEB機能では問題ないサーバーですが、1点さくらレンタルサーバーのメールは注意が必要です。

例えば、info@のメールを使う場合、ドメインが違う場合でも、
info@アカウントでは設定しているドメインのinfo@メールが受信されてしまいます。

さくらレンタルサーバーでドメイン、サイトごとにinfo@メールを使いわける場合は、
ビジネス以上のプランを契約しましょう。

さくらレンタルサーバーはこちらから

WordPressでも安定しているロリポップサーバー

ロリポップ

ロリポップのサーバーはWordpressも設置しやすいレンタルサーバーです。
おすすめは「スタンダードプラン」、多少のアクセスは問題ありません。

電話サポートもはじまり、契約後、不明なところがあればサポートに電話で相談できます。

ホームページ:https://lolipop.jp

ハードディスク容量 120GB
初期費用 1500円
マルチドメイン数 ドメイン設定可能数は100個(スタンダード)
月額料金 500円~( 6か月~3年一括契約で500円/月計算。1、3カ月契約の場合、600円/月計算。)
転送量 100GB/1日

価格は全て税別です。

「スタンダードプラン」のサポートもメール、チャット、電話で行えます。

ロリポップサーバーを使って思ったメリット・評価点と性能やデメリット(2018年~2019年)

ロリポップの公式ホームページはこちら

紹介した3つのサービス以外にも安くて高機能のレンタルサーバーがあります。

公開サイトの仕様や希望などによりレンタルサーバーを選ぶ基準が変わってくると思います。
サーバーの選ぶ基準を確認し、契約前にお試しで管理画面を操作してから選ぶことをおすすめします。