ロリポップのイメージ

ロリポップサーバーを使っていますが、2017年からいろいろ進化しています。
使ってみて良かったメリットと悪いところやデメリットをまとめました。

ロリポップサーバーのメリット

月の費用が安い

ロリポップサーバーのメリット、魅力は月の費用が安いところです。

エコノミープラン:100円
ライトプラン :250円~
スタンダードプラン :500円~
エンタープライズプラン :2,000円〜

6ヶ月以上の契約、まとめて払うと割引があります。

ワードプレス、DBを使用する場合はライトプラン~になります。

月250円~から利用できるので安いですが、安定したサイトを望むならスタンダードプランがおすすめです。

また、複数サイトを運営する場合や安定してワードプレスのサイトを運営する場合もスタンダードプランとなります。
それでもエックスサーバーと比較すると料金はエックスサーバー月1000円~より大分お得です。

ロリポップの表示速度は速くなっている

昔のロリポップサーバーはページ表示が遅いイメージでした。
特にワードプレスを使用したサイトはローディングが長かったのですが、数年前よりスタンダードプランは、PHPモジュール版、PHP7.1を使用すると表示速度が遅いという事はありません。

ライトプランが遅いと感じたら、スタンダードにアップグレードし、PHPモジュール版、PHP7.1CGI版を使用してみましょう。

管理画面が使いやすい

以前とくらべて、管理画面が整理され使いやすくなりました。

ロリポップ管理画面

以前は設定の大項目がバラバラで少し迷いましたが、管理画面が改善されてきています。

サイト作成、セキユリティ、メールなど、良く使うものが大項目になった印象です。

アクセス制限を行えるセキュリティ対策

ロリポップサーバーの管理画面にセキュリティ機能が備わっています。
WAF設定、海外アタックガードは、海外のアクセス制限が行えます。

特に海外アタックガードは、海外IPアドレスのアクセスを制限し、海外からのワードプレスへの攻撃、管理画面の乗っ取りを防ぐので良いと思います。

FTPのIP制限とWAF機能

ロリポップはXSSやSQLインジェクションなどをブロックするWAFを導入しています。
WEBサイトへの攻撃を防ぐとともにログでワードプレスのファイルへのアクセスを確認できます。

また、FTPのIP制限やBASIC認証が管理画面で簡単に行える機能もあります。

PHPのバージョンをドメインごとに設定できる

昔作成したサイトでPHPのバージョンが古いサイトの場合、修正に時間がかかります。
本来は修正した方がいいですが、ロリポップではサイト毎ドメインごとにPHPのバージョンが設定可能です。

ロリポップのサーバーは無料でhttps化、SSL証明書が使用できる

ロリポップサーバーも独自ドメインで使用できる無料SSLが設定できるようになりました。
管理画面の発行手順はとても簡単です。

wwwあり、なしで設定も可能です。

サイトのSSL化、独自ドメインのhttps化を条件でサーバーを探している人はロリポップサーバーも良いのでは。

ロリポップのサポートは電話サポートも対応している

ロリポップのサポートはメール以外に電話のサポートも対応しています。
管理画面内のサポートに記載されている電話番号から担当スタッフに問い合わせができます。

平日のみの対応ですが、マニュアルを見てわからない場合は電話で問い合わせができて便利です。

以上がロリポップの主なメリットになります。

ロリポップサーバーのデメリット

ロリポップサーバーのメリットだけではありません。
多少デメリットを感じる部分があります。

ライトプランでワードプレスを使用すると遅い

ライトプランでワードプレスを使用すると遅い場合があります。
プラグインのインストール数にもよりますが、個人用、企業用のサイトなど共にお試しで管理画面の使用感を試しましょう。

スタンダードでは遅いと感じられる事はあまりないと思います。

共用レンタルサーバーなので他サイトの影響を受ける

ロリポップサーバーは共用レンタルサーバーです。
共用レンタルサーバーというのは同じサーバー内に他のサイトの領域があります。

よって、他サイトの影響も受ける場合があります。

影響を受けるからといって、そのサーバーにとんでもないアクセスがあるサイトがある場合は少ないです。

WordPressの管理画面が一時的にアクセスできない場合がある

WordPressの管理画面でまれに表示が遅いと感じられる場合があります。
こちらもプラグインが関係するかもしれません。
気になる人はお試し期間で試しておきましょう。

ロリポップサーバーでPHPモジュール版のphp.iniは変更できない

PHPモジュール版のphp.iniは変更できません。
ただし、cgi版を使用すれば可能です。表示は少し遅くなるかもしれませんが。

PHPモジュール版のphp.iniでは、良く修正するファイルサイズは、デフォルトで100Mとなっています。

filesize 100M

post_max_size 100M

ワードプレスでの運用は問題ないかもしれません。

その他、アクセスが多いサイトは表示が遅い、SSHに制限がある、データベースの容量などの問題もありますが、ロリポップのデメリットと言うより共用サーバーのデメリットです。
そのようなサイトはVPSやクラウド、専用サーバーなどを検討しましょう。

以上がロリポップサーバーのメリットとデメリットです。

ロリポップサーバーには全プラン、10日間のお試し期間があります。

契約前に一度試してみるのが良いでしょう。

ロリポップの公式ホームページはこちら