ここでは、法人向け・中小企業向けのホームページで使えるレンタルサーバーの料金や特徴を比較して紹介しています。

ここで紹介するサーバーは中小企業、法人のオフィシャルサイトに最適な共有型のサーバーです。
実際に利用して使いやすいと思ったもの中からおすすめのレンタルサーバーをご紹介します。

ポータルサイトのようなアクセス数が多いサイトは含まれませんのでご注意ください。

法人や中小企業サイトのサーバーの選び方と確認したい事項

法人や中小企業サイトのレンタルサーバーはWebサイトのアクセス数やサーバーの機能で選ぶ形になるかと思います。
下記の項目もサーバーを選ぶ際に確認しておきましょう。

  • どのような機能があるか?
  • 初期費用と月々の費用を確認
  • メールなどの設定画面の見やすさ、使いやすさ
  • サポート体制(サポートの電話対応が可能かどうかなど)
  • サーバーのバックアップ体制
  • もっているドメイン、取得予定のドメインが設定可能か?(.com、.netなど昔からあるドメインなら問題ありません。新しいドメインは対応まで時間がかかるレンタルサーバー会社があります。)

契約する前に構成などを確認しよう

これから作成するホームページ、運営しているWebサイトを確認しましょう。

  • サイトがCMSを使用している(例えばWordPressなど)
  • PHPのバージョンが対応しているサーバー(サーバー移転の場合は使用しているphpなどプログラムのバージョンを確認する。)
  • アクセス数の確認

初めて企業などの法人ホームページを作成する場合はアクセス数などはわかりません。

基本のサーバーの選び方としては、サーバーの月々のランニングコストと初期費用がいくらかかるか
管理画面などがわかりやすいか。
操作がわからない場合や障害のサポートがしっかりしているかどうか

などになるかと思います。

レンタルサーバーは実際の契約前に試用期間(お試し)を設けているところが多いので、まずは契約してみて試用期間内で色々と設定してみる事をおすすめします。

ここで紹介しているレンタルサーバーは試用期間があるところです。
まずは登録して管理画面などが使いやすいかどうかなどを確認してみましょう。

法人・中小企業向けのおすすめ共用レンタルサーバー

法人・中小企業向けサイトでおすすめのレンタルサーバーを比較して紹介します。

WordPressなどのCMSツールを使用する場合、サーバー容量やデータベースが利用できるかどうかやマルチドメインが使用できるかどうか等を確認はした方がいいでしょう。

ここで紹介するレンタルサーバーは中小企業のサイトのトピックスや個人のブログでも良く使用されるWordpressが簡単にインストールできるものをピックアップしています。

機能も重要ですが、データのバックアップやサポート体制とセキュリティがしっかりしているサーバー会社が安心です。
何か不具合があった場合も電話のサポートはもちろん、メールでの問い合わせが行えます。

企業サイトや法人向けのサイトでも安心して使用できるレンタルサーバーを紹介します。

XSERVER BUSINESS

エックスサーバービジネス

先のXSERVERよりサポートやセキュリティー対策がしっかりしている「XSERVER BUSINESS」も中小企業、法人向けのサーバーでおすすめします。

XSERVER BUSINESSは、普通のXSERVER同様にWEBデータやデータベースのバックアップ機能などが備わっているレンタルサーバーですが、それに加えてネットワークの脆弱性チェックやメール問い合わせの回答がXSERVERより短時間になっているなどサポートや運用面で充実しています。

企業で複数のサイトを運用する場合はXSERVERより、さらに安心して運営が可能です。

こちらも10日間のサーバー無料お試しがあります。

ハードディスク容量 200GB~ (SSD)
初期費用 15000円
最低契約期間 最低3ヶ月から
月額料金 3800円/月~(12ヶ月一括払いの場合)
FTP ドメインごとにFTPアカウントを複数発行可能
無料設定代行 3回/月~
バックアップ バックアップ機能が全プランについています

価格は全て税別です。

XSERVERとの主な違い

XSERVERとXSERVER BUSINESSとの違いは5つの点です。

1、ファイアウォールやIDSなどのセキュリティ対策がされている。
2、転送量が多く、XSERVERより多くのアクセスに耐えられるようです。アクセス数が多いサイトは安心できるサーバーです。
3、ネットワークの脆弱性を定期的にチェック
もともとXSERVERでもネットワークの脆弱性をチェックしていますが、
さらに定期的にネットワークの脆弱性をチェックしています。
4、MYSQLの設定数が無制限です。(容量は制限あり)
5、通常のXSERVERより他サイトの影響が受けにくい

一番のメリットはファイアウォールなどのセキュリティ対策と他サイトの影響を受けにくいというところだと思います。

共用タイプのレンタルサーバーは、通常、WAF(Webアプリケーションファイアウォール)でのセキュリティ対策が推奨されています。
サーバーでファイアウォールなどのセキュリティ対策を公開しているところはあまりありません。

エックスサーバーBUSINESSはファイアウォールや脆弱性診断を行っていると公表しています。

ファイアウォールやIDSなどによる監視をはじめとして、外部企業による定期的なソフトウェアなどの脆弱性診断をサーバー・サービスレベルで実施しています。
しかし、近年流行しているPHPスクリプトに対する脆弱性攻撃や、個別アカウントのウィルス感染など、ユーザーレベルでの攻撃に対する対策はお客様ご自身にて対応していただく必要があります。

参考:セキュリティはどうなっていますか?(エックスサーバービジネス)

※普通のXSERVERでは、ファイアウォールの設定などは公開しておりません。

 

さらにXSERVERのような共有サーバーは1つのサーバーを複数のユーザーが使うため影響を受けやすいですが、
ビジネス版はユーザーが限られるため、法人向けのレンタルサーバーで使うのに適していると言えるでしょう。

サポート体制は平日10時~18時の電話サポートとメールですが、XSERVER BUSINESSの場合、
メール問い合わせの回答は12時間以内の返信となっております。

サーバートラブルの際はメールが集中するのでわかりませんが、手続きのための問い合わせなどの回答はXSERVERより早いです。

おすすめ度 → ★★★★★

申し込み・お試しはこちら

CPI

CPI公式サイト:https://www.cpi.ad.jp/shared/

CPIは法人、中小企業でも使用されているレンタルサーバーです。
運営している会社はKDDIグループの「株式会社KDDIウェブコミュニケーションズ」。

多くの中小企業や法人に利用されている理由は安定性もさることながらセキュリティやサポート体制が整っているからです。

特に月額900円追加のオプションとなりますが「24時間365日TELメールサポート」は平日以外の休日、正月やお盆休みなども電話で問い合わせを行えます

CPIもドメイン登録など無制限、ウェブサイトの攻撃を防ぐWAF (Web Application Firewall)機能も標準装備のレンタルサーバーです。

初期費用 0円(12か月契約の場合)
最低契約期間 最低3ヶ月から
月額料金 3800円~(1年一括払いの場合)
データベース MYSQLの数は無制限
バックアップ 自動バックアップ機能がついています

価格は全て税別です。

CPIはテスト環境とバックアップが標準機能

CPIはテストサーバー環境と本番環境があります。

phpなどのプログラム記載ミスでホームページに不具合があり、表示されなくなってしまった場合は
正常に表示していた状態バックアップのデータに復旧できます。

また、メールのウィルスチェックも標準。
企業のメールアドレスを狙ってくるスパムメールから守る事ができます。

デメリットが1点、管理画面が少しわかりにくいところがマイナスです。

もう少しわかりやすいと良いと思います。

もちろん慣れれば問題ありません。
お試しもあるので使用前に管理画面などを操作しておくとよいでしょう。

おすすめ度 → ★★★★

申し込み・お試しはこちらから(公式)

他にもお名前.comサーバーも多くの法人、中小企業で使われています。

アクセスが多いサイトやDBの容量が多い場合

ホスティングのレンタルサーバーにはいくつもの種類があります。

上記で紹介した共有タイプやVPS、クラウド、専用サーバーなどです。
これらは様々なWebサイトの用途で使い分けできます。

どの様なサーバーを選択していいかわからない場合は契約する前にWEB制作会社などに相談しましょう。

サイトの仕様などで合うものを選んでくれます。

共有タイプのデメリット

このページで紹介しているのは共有タイプと呼ばれるものです。

1サーバーを複数のサイトで共有して利用するサービスです。

この共用タイプのレンタルサーバーのメリットは費用が安く利用しやすいところですが、その反面、利用できる機能やファイル転送量の制限などデメリットがあります。

クラウドタイプは仮想環境でCPU、リソースなど、変更も可能で便利です。

しかし、アクセスなどが多くなく、お知らせTopics程度の更新を行う中小企業のホームページなどは共用タイプのサーバーで十分でしょう。

データベースの容量が大きい場合は必然的にVPSやクラウドなどのサーバーを選ぶ必ようがあります。
共用サーバーは容量が大きくないからです。

VPS・クラウド・専用タイプ

VPSやクラウド、専用サーバー(専有)の大きな特徴がいくつかあります。

1、1サイトにつき1IP。

VPSや専用サーバーのほとんどが1つのIPを占有できます。
1つのIPに1サイトを割り当てますので他サイトの影響が受けにくいです。

2、root権限が与えられるので好きなプログラムをインストールできる。

共用タイプではサーバープログラムなどの拡張は制限されています。

VPSやクラウド、専用サーバーはサーバーのroot権限というものが与えられます。
シェルコマンド、SSHで好きなプログラムをインストールする事ができます。

共用サーバーでは制限されるものも好きにカスタマイズを行えます。

3、アクセスやサーバーの処理で他サイトの影響を受けない

専用サーバーは自サイトのみで運用するため、他サイトの影響を受けません。
他サイトの負荷などを気にせず、サイト運営を行えます。

4、かなり大きい容量のDBを扱える

共用サーバーはDB(データベース)の容量が決まっています。

無制限と記載されているレンタルサーバーがありますが、大きいデータのデータベースを使用しようとしたらインポート時にエラーになるでしょう。

大きい容量のデータベースはシェル、SSH→MYSQLコマンドでインポートが必要です。

容量が大きいデータベースを使用する場合は専用タイプのレンタルサーバーかクラウドタイプのサーバーを使用する形になるでしょう。
アクセスが多いWEBサイトやDB(データベース)の容量や処理が多い場合はVPS以上のサーバーも考えましょう。

その他、ファイアウォールのオプションなども用意されております。

最後に

このページで紹介しているのは共有タイプのサーバーと言われるものです。

月の費用が安く、維持しやすいので法人用、中小企業のオフィシャルサイトを作成する場合は十分だと思われます。

マイページ、会員ページがあるサイトの場合はアクセス数やデータベースの規模にもよりますが、VPSやクラウド、AWSや専用サーバーなども検討しましょう。

共用タイプのメリットは、料金が安いという事とセキュリティアップデートなどのサーバー運用管理をサーバー会社に任せられる点です。

法人・中小企業ホームページ向けレンタルサーバーのおすすめと比較【2019年度版】