インターネットイメージ

ドメインを他会社に移管(移動)したい場合、移管元の管理会社で申請が拒否されてしまいドメイン移管できない場合があります。
通常はすんなり申請を行えますが、他社にドメインを移管申請を行う場合に制限や条件がありますので、移管を考えている場合は事前に確認しておきましょう。

ドメイン移管の制限・移管できない条件とは

ドメインを移管できない条件や制限は主に4つあります。

1、独自ドメインを取得、移動してから間もないドメイン

新規にドメインを取得してから、あまり日が経っていないドメインも他社に移管する事はできません。
ドメインが移管できない期間として60日以内が定められています。
60日以内にドメインを移す事は少ないケースかもしれませんが、管理や経理上でまとめる事も考えられます。

60日以降は他社に移管申請可能がほとんどなので、移管を希望する場合は60日を経過してから申請を行いましょう。
また、この60日間の期間は移管したドメインも対象です。
移管した場合も60日の間は他の管理会社に移動は行えません。

2、ドメインにロックが設定されている場合

ドメインを管理している事業者は取得した時からロックを設定されてしまうところがあります。(ドメインロック、トランスファーロックと言われたりします)
誤って移管してしまわないような内容で説明をしているところもありますが、他社にドメインを移管してほしくはないのです。

移管する場合はその管理事業者でロックを設定しているかどうか確認をして、設定されている場合はロックを解除してから移管先の業者で申請を行いましょう。

ドメイン業者がロックを設定している場合も移管できない

ドメインのロックは管理している事業者が設定する場合があります。

WHOIS情報の所有者のメールアドレス変更を行う際、承認の際にドメインロックが設定される場合があります。
その場合は他社に移動できません。
どうしても移管できない場合は現在管理している移管元に確認してみましょう。

3、承認メールが受け取れない場合

ドメイン移管の制限の他にドメイン移管の申請を行ったのに移管承認作業まで行えないケースがあります。
そのケースで多いのが、承認メールが届かないケースです。

承認メールが受け取れない場合もドメイン移管できません。

ドメイン移管する際、ドメインのWhois情報の登録者メールアドレス宛てに承認メールが届きます。
過去に使用していたメールアドレスやWhois情報の代行設定をしている場合などはドメイン移管前にWHOIS登録者情報のメールアドレスを受信できるアドレスに変更しておきましょう。

4、更新期限が近いドメインは移管できない

ドメインの更新が近いドメインも移管できません。
その期間は14日以内です。14日以内に更新期限となるドメインは更新してから移管申請を行いましょう。

他にも長い期間の有効期限の間できない場合があります。
有効期間が長く残っているドメイン来れない場合は現在管理しているドメイン会社に問い合わせをしてみましょう。