自宅でオンラインゲームを楽しむ場合、インターネット回線は色々な選択肢があります。
光の固定回線、ADSL、Wimax2+のようなものです。

オンラインゲームに興味があってWimax2+を検討している場合、一番気になるのが、オンラインゲームの場合、どれぐらいの転送量になるという事だと思います。Wimax2+はギガ放題でも3日間10GB以内で使用しないと速度制限があるからです。

この記事を書いている管理人は光回線とWimaxを契約しています。

Wimax2+は外出した時の移動用でポケットWiFi代わりに使用していますが、Wimax2+でオンラインゲームができるかどうか契約前に知りたい人向けに紹介します。

Wimaxでオンラインゲームは遊べるのか?


Wimaxでオンラインゲームが遊べるかどうかですが、WIMAXを契約前に注意したいのが、回線速度と通信量です。
使用するエリアの回線の速度はWIMAXにはお試しがあるので使用前に確認するとして通信量はゲームによります。

ゲームによってダウンロードの容量が違いますし、PCやPS4(プレイステーション4)などゲーム機器によってもダウンロード容量が違います

オンラインゲームはフル、パッチファイルの容量が大きい

例えば、PUBGやフォートナイト(FORTNITE)といった人気のゲームがあります。
PCゲームでPUBGやフォートナイトをプレイする場合はWimax2+は止めた方が良いです

なぜWiMAXを止めた方が良いか、ゲームをはじめるまでのフル(フルパッケージ)のファイルやアップデート、パッチ(パッチファイル)のダウンロード容量、通信容量が大きいからです。

WIMAXはギガ放題でも3日間10GBの制限があります。はじめの1日で転送速度の制限となります。

また、WIMAXはエリアによって転送速度が遅くダウンロードに時間がかかる場合があるのです。
遅い場合は半日以上かかってしまうゲームもあります。

ゲームのデータの大部分をインターネットからダウンロードするようなゲームをWiMAXだけ楽しむというのは止めた方が良いでしょう。

フォートナイトPC版の容量の目安

そのダウンロード容量がどれぐらいか、フォートナイトの容量を例に説明します。

フォートナイトPC版ははじめ「Epic Games Launcher」のダウンロードを行いますが、

このEpic Games Launcherの容量は大したことはありません。
約135MBです。

しかし、その後のフォートナイトのゲームデータ、インストールを行いますが、そのデータ容量が大きいのです。

現在はフォートナイトPC版のバージョン8です。
上記の画面を見て頂くとわかるように17.5GBの転送量となります。

ゲームを始めるのに18GB程度の容量が必要です。(PUBGもだいたい同じぐらいです。)

はじめるだけでWimaxの転送量の制限となります。

PS4 版ではどうなのか?

PS4版のフォートナイトも10GB程度です。インストールでは3日間の制限となる可能性があります。
しかしPC版のような大きい容量ではないのでpS4なら、なんとか転送速度の制限を受けながら遊べるかもしれません。

フォートナイトなどのオンラインゲームでバージョンアップが頻繁に行うものがあります。

そのたびに転送速度を気にするのが嫌な場合は光回線にした方が良いと思います。

Youtubeの実況動画はすぐWiMAXの3日制限になる可能性が

PS4はゲームのプレイ動画を簡単に撮影し、YouTubeにアップロードできる機能がありますし、PCでもYoutubeでゲームプレイ動画をアップしたいと思うかもしれません

これもWimaxだと注意が必要で、容量に気を使う必要があります。
PCやPS4proで綺麗な動画をアップロードしたい場合は光回線を契約した方が良いです。

現在はドコモ光などキャンペーン中です。この機会にどうぞ。

ドコモ光はこちらから

ただ、Wimaxでオンラインゲームを楽しむ場合はダウンロード容量が少ないものやスマホゲームなら問題ありません。

インターネットの回線は光回線やADSLのように転送容量などを気にしなくても良いものとWimax2+のように月の転送量が決まっているものがあります。住んでいる環境によって契約できないものもあるでしょう。
WIMAXも使い方次第です。

WIMAXでオンラインゲームは問題ないと言っている人もいますが、プレイするゲームによっても違うので何のゲーム、何の機器でやるかを決めてからインターネット回線を決めた方が良いと思います。

ゲームライフを楽しみましょう。