差出人Amazon名義でのフィッシングメールが増えています。

・「Amazon Security アカウント情報検証を完成してください。」

・「Amazon 緊急通知」

・「アカウント情報検証を完成してください。」

・「お使いのAmazon-IDがロックされます」

・「アカウント情報検証を完成してください」

・「Amazonアカウントを利用制限しています」

これらのようなメール

Amazonになりすまし、Amazonのログイン情報を奪い取ろうとするフィッシングメールの可能性が高いです

Amazon「アカウントを回復してください」というフィッシングメールの特徴

Amazonを利用している人ははじめAmazonからのメールと思ってしまうかもしれません。

まず、本当にAmazonからのメールかどうかを確認する場合は差出人のメールアドレスを確認しましょう

Amazonフィッシングメールのメールアドレスの例

Amazonフィッシングメールが送られるメールアドレスの例です。
security@0937.com
security@098.nl
noreply@appleonlinesupport.themodernvillas.com
amazon10@e8.amzou.cn

Amazonとは関係のないメールアドレスから送られています。

内容は下記のような内容です。

ご注意ください!
大変申し訳ございません、あなたのアカウントは閉鎖されます。あなたのアカウントAmazonを更新できませんでした、これは、力ードが期限切れになったか、請求先住所が変更されたなど、さまざまな理由で発生する可能性があります。

Amazonをご利用いただきありがとうございますが、アカウント管理チームは最近Amazonのアカウントの異常な操作を検出しました。アカウントを安全に保ち、盗難などのリスクを防ぐため、アカウント管理チームによってアカウントが停止されています。
24時間以内にあなたの情報を更新しない場合、アマゾンアカウントで何ができるか的を絞ってください。

<http://resetting-warnning-support-amazon.net/>アカウント検証

なぜこのメールを受け取ったのだろうか?
この電子メールは、定期的なセキュリティチェック中に自動的に送信されました。当社はお客様のアカウント情報に完全に満足しておらず、引き続きサービスを継続的にこ利用いただくためにアカウントを更新する必要があります。
Amazonカスタマーサービス

またのご利用をお待ちしております。
Amazon.co.jp

昔と比べてフィッシングサイトやフィッシングメールの内容は巧妙になってきています。
しかし、本文の文章は違和感がある文章があったりします。

また、メール本文のURLもAmazonのものではありません。

フィッシングメールのURLは本物サイトかどうかを確認する

フィッシングサイトやメールのに記載されているURLはサービス提供サイトのものかどうかを確認する事が重要です。

Amazonのサービスで案内されるURL、ドメインは

amazon.com、amazon.co.jpなどです。pay.amazon.com、aws.amazon.comのようなサービスでも必ず、amazon.comなどが含まれます。

フィッシングサイトで案内される、support-amazon.netのようなURLはありえないのです。

Amazon「アカウント情報検証を完成してください。」のような思いあたらないメールや怪しいメールを受け取ったら、すぐにGOOGLEなどで検索してみましょう。

フィッシングサイトに情報を入力してしまった場合は

もし、フィッシングサイトでログイン情報やカードを入力してしまったら、びっくりして焦ってしまいます。
まず一度深呼吸しましょう。

そして、すぐに本当のサイト側で登録しているマイページの情報、メールやパスワードを変更した方が良いです。
次にクレジットカード情報も入力してしまった場合はカード会社に相談しましょう。被害にあう前に防ぐ事が重要です。

迷惑メール、フィッシングサイトは巧妙になってきています。

情報を入力する前に一度本物かどうかを疑い、GOOGLEで検索してAmazonにログインして確認する事が大切です。
気を付けていきましょう。

[PICKUP]


迷惑メール、フィッシングメールには気を付けましょう。