昨年より、LINE緊急問題というメールや差出人がAmazonで件名が「緊急問題」のメールが増えています。

これらはLINEやAmazonになりすまし、ログインパスワードや個人情報、クレジットカード情報を奪い取ろうとするフィッシングメールの可能性が高いです

「LINE緊急問題」やAmazon「緊急問題」フィッシング詐欺メールの特徴

Amazon「緊急問題」メール

Amazon「緊急問題」というフィッシングメールの特徴は、Amazonプライムを利用している会員向けにカード情報を更新する内容が送られます。

Amazonプライム会員ではない方はすぐに迷惑メール、フィッシングメールと気がつくと思いますが、Amazonプライム会員の方は注意しなくてはなりません。

送信されるメールの内容の一部は以下のようなものです。

Amazoneプライムのお支払いにご指定のクレジットカード有効期限が切れています!

Amazonプライム をご利用いただき、ありがとうございます。

お客様のご希望により、Amazonプライムの会員登録をキャンセルしました。 Amazonプライムの特典を利用されておりませんので、お客様の会費400円を返金いたします(現在会費を請求中の場合は完了するまで返金できませんのでご了承ください)。会費の請求が完了している場合は、通常1から3営業日程度で返金は完了いたします。

会員登録をご希望される場合は、Amazonプライム登録ページから再度ご登録ください。

メールの内容をよーく見ると、Amazoneと表記されています。

わかりやすいフィッシングメールです。

LINE緊急問題

LINE緊急問題もLINEを装うフィッシングメールです。

送信されるメールの内容の一部は以下のようなものです。

[LINE緊急問題]

お客様のLINEアカウントに異常ログインされたことがありました。お客様のアカウントの安全のために、ウェブページで検証してお願いします。

こちらのURLをクリックしてください。安全認証

https://www.iline.com/ia/anqun/gamess/authsuppgePasyusword/ve

この時、旧端末のLINEへ公式アカウント(LINE)から「他のスマートフォンであなたのアカウントが使用されようとしています」というメッセージが届きますが、もちろん自分で操作していることなので、そのまま手順を進めましょう。
※URLの安全認証有効期限は毎日8時から20時までです。

——————————————————————————–
LINE
LINE Corporation

——————————————————————————–

この場合はメール内のURLがLINEのものではありません。

line.ocmの前に

i

がついています。

これらのようにスペルを間違えていたり、リンク先のURLや文章の内容がおかしい場合は迷惑メールと判断する事ができます。

フィッシング詐欺メールとは

フィッシング詐欺メールは、主に電子メールを送り、メール内のリンクからユーザーを危険なサイトに誘導したり、ウィルスなどに感染した添付ファイルを送りつけます。

リンクの場合は個人情報やログインパスワード、銀行口座やクレジットカードなどの情報を盗むためにユーザーをだますものです。

添付ファイルの場合はランサムウェアやパソコンを操るトロイの木馬、その他のマルウェアなどの可能性もあります。

これらのフィッシングメールの特徴は、ユーザーが利用しているサービス、先に紹介したAmazonやLINEからのメールのように見せる事を得意とします。。

フィッシング詐欺の被害にあわないためには

フィッシング詐欺メールの被害にあわないためには、怪しいメールかどうか見極める方法を知ること。

そして、請求情報の更新やログイン情報の更新などのメールが届いたら、メールの差出人が本物かどうか疑うことです。

個人情報やパスワードを要求するメールはフィッシング詐欺メール

クレジットカードやユーザー情報、パスワードが要求されるメールは、かなりの確率でフィッシング詐欺メールです。

メールのURLからはログインしない

たとえ利用しているAmazon、LINEからアカウントの更新や一時停止などの案内があったとしても、メールのURLからログインするのではなく、GOOGLEなどの検索エンジンでサイトを検索してサイトに行き、そこからログインを行いましょう。

GOOGLEはフィッシングサイト、フィッシング攻撃に随時対策しています。

メール内のサイトURLや差出人のメールアドレスを確認する

メール内のサイトURLや差出人のメールアドレスを確認するのもフィッシング詐欺を防ぐには有効です。

迷惑メールに慣れていない方はメールアドレスやURLは一文字でも違う場合は怪しむ習慣をつけましょう。

添付ファイルをむやみに開かない

最近では、請求書や見積もり書という件名で送られる危険なメールがあります。

これらの添付ファイルには危険なプログラムが仕組まれている可能性があります。

むやみやたらに添付ファイルをクリックしたりダウンロードしないようにしましょう。

 

「LINE緊急問題」やAmazonの「緊急問題」のようなフィッシングメールの詐欺はこれからも巧妙なものになっていくでしょう。

メール内のリンクをむやみにクリックせず、知らない送信者からの添付ファイルは開かないようにしましょう。