ホームページのサーバーのエラーメッセージの1つに「website is under heavy load」があります。

website is under heavy loadとは

「website is under heavy load」は、ホームページにアクセスが集中し、サーバーのプログラムが処理しきれない場合に表示されます。

サーバーにアクセスが集中すると503エラーが表示されるサーバーも多いですが、中に「website is under heavy load」と表示されるものもあるのです。

「website is under heavy load」というメッセージが表示された場合は、アクセスが落ち着くまではページが表示されないと思います。

時間をおいてアクセスしてみましょう。

503エラーと表示される場合

503 Error Service Unavailableと表示される場合もホームページにアクセスが集中している状態、いわゆるサーバーのビジー状態です。サーバーでアクセス数を制限している場合もあります。

こちらも時間をおいてからアクセスしましょう。

blocked because of many connection errors~データベースのエラー

MYSQLへの接続がmax_connect_errorsで設定している制限数以上に達するとページが表示されなくなり、下記のようなエラーメッセ―ジが表示されます。

'samplesample.net' blocked because of many connection errors; unblock with 'mysqladmin flush-hosts'

DB(データベース)が関係ないページは表示されます。

まずは、スパム攻撃を受けていないかログを確認しましょう。

設定数を見直すか、高負荷が耐えられるサーバーやSQLサーバーの運用を考えましょう。

高セキュリティで安定しているサーバー

CPI

高負荷に耐えられるサーバーはAmazonのクラウドAWS EC2や専用サーバーになりますが、サーバーの管理が大変です。

サーバーを管理する担当者がいない場合におすすめなのがKDDIグループが提供しているCPI専用サーバーマネージドプランです。

専用サーバーなのに、サーバー会社のスタッフがセキュリティ管理してくれます。

もし、アクセスがあるサイトで専用サーバーを検討している場合、CPI専用サーバーマネージドプラン
に問い合わせをしてみると良いでしょう。