仮想通貨の取引での得た利益やチャージでも課税と認識していましたが、マイニングでも課税されるようです。

先日国税庁から発表がありました。

いわゆる「マイニング」(採掘)などにより仮想通貨を取得した場合、その所得は、事業所得又は雑所得の対象となります。
この場合の所得金額は、収入金額(マイニング等により取得した仮想通貨の取得時点での時価)から、必要経費(マイニング等に要した費用)を差し引いて計算します。
なお、マイニング等により取得した仮想通貨を売却又は使用した場合の所得計算における取得価額は、仮想通貨をマイニング等により取得した時点での時価
なります。

出典元:仮想通貨に関する所得の計算方法等について

会社員など年末調整を行っている人で副収入で20万円以上の場合は所得税免除となります。(住民税は別)

マイニングにより取得した時点での時価ということですので、細かくマイニングしていたら計算が相当面倒ですね。

必要経費の記載もあるので、電気代やマイニングで使用したPCなどが必要経費として認められるかもしれません。