2019年10月1日から消費税が10%に増税します。

ホームページを新規公開を予定している場合、消費税増税前に契約しておきたいのがレンタルサーバーです。

ここでは、消費税増税前に新規契約、更新でお得なレンタルサーバーや費用がかわらないサーバーを紹介します。

消費税増税前に新規契約、更新するとお得なレンタルサーバーは?

10%の消費税増税前に新規契約、更新でお得なレンタルサーバーを紹介します。

エックスサーバー

エックスサーバーは、9月30日までの新規契約は8%が適用されます。10月1日から税率10%となります。

つまり、9月中にエックスサーバーを1年間契約した場合、1年分の費用は8%で計算されます。

契約更新も、9月30日までの新規契約は8%で、10月1日以降に税率10%となります。
ドメインや有料のSSL証明書も同様です。

エックスサーバーを新規検討している場合や更新が半年後でも、9月30日前までに契約や更新すると8%になりお得ですね。
複数年契約すると、さらにお得です。

エックスサーバーを検討している場合は、この機会に契約してみてはいかがでしょうか。

[新規ご契約]

2019年9月30日までのお申し込みには旧税率8%を適用する
2019年10月1日以降のお申し込みには新税率10%を適用する

[契約更新]

2019年9月30日までの料金お支払い手続きには旧税率8%を適用する
2019年10月1日以降の料金お支払い手続きには新税率10%を適用する

参考元・引用元:https://www.xserver.ne.jp/support/news.php

XSERVERはこちらから(公式)

その他

さくらのレンタルサーバーも9月30日までは8%の税率、10月1日以降の申し込みから税率10%となります。

契約開始日が10月1日~となる場合は10%となります。

9月30日までに申し込みや契約更新しておくと、8%となりお得です。

新規申込みによる初回請求の場合、2019年10月1日以降の申込みから10%で請求します。
※2019年9月30日以前の申し込みは、利用開始が2019年10月1日以降となっても8%の税率で請求します。

契約更新時の請求の場合、次回利用期間が2019年10月1日以降に開始される利用期間分の請求から10%の税率で請求します。
※2019年9月30日以前の日が利用開始日の場合は、
当該利用期間中は8%の税率でご利用いただけ現行税率と新税率の差額分について、追加請求は行いません。

※さくらのクラウド等、後払いサービスをご利用の場合は、請求月に適用される税率で請求を行います。

Q1 消費税増税分(消費税率10%)はいつの利用分の請求から適用されますか?
2019年10月1日以降の利用分から(後払いサービスの場合は10月の請求より)消費税率10%でご請求いたします。

Q2 すでに支払い済みの10月以降の費用について税率の差額2%は追加で支払う必要はありますか?
必要ありません。
すでにお支払い済みの10月以降の費用について差額税率2%の請求を行うことはございません。

参考元・引用元:https://help.sakura.ad.jp/hc/ja/articles/360000276182-%E6%B6%88%E8%B2%BB%E7%A8%8E%E6%B3%95%E6%94%B9%E6%AD%A3%E3%81%AB%E4%BC%B4%E3%81%86%E3%81%94%E8%AB%8B%E6%B1%82%E9%87%91%E9%A1%8D%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%8A%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%9B

さくらのサーバーを検討している方はこの機会にどうぞ

さくらレンタルサーバーはこちら(公式)

お名前.com、ヘムテルなども9月中に契約、更新すれば、8%で計算されます。

詳しくは公式サイトのお知らせをご確認ください。

消費税増税前でもお得にならないところも

増税前に契約や更新してお得になるところもあれば、そうでないところもあります。

お得にならない例がロリポップやKAGOYAサーバーです。

ロリポップは、9月中に1年分を更新しても、9月分は8%、10月以降の11カ月は10%で計算されてしまいます。よって、10月以降に新規契約や更新する場合と同じですのでお得ではありません。

KAGOYAの場合は、年一括払いの場合、消費税率8%と10%の差額分が請求されるとのこと。

この増税前のタイミングでサーバーを新規契約する場合は、エックスサーバーやお名前.com、さくらのレンタルサーバーがお得です。

※その他のサーバーは、公式サイトをご確認ください。