ホームページを開設するには、サイトの場所を特定するホームページのアドレスになる、ドメインというものが必要です。

そのドメインを取得し、設定することによって、ネットワークの中で特定のサイトにアクセスすることができるようになります。

ccTLDとは

無数にあるドメインの中で全世界の人たちが取得する権利があり、icannという団体が管理行っているドメインをgTLDと言います。

gTLDの種類には、.com、.net、.org、.biz、.infoなどがあります。

ccTLDとは国や地域ごとに割り当てられるトップレベルのドメインのことを言います。

日本では、.jp があたります。

日本ではこの. jpドメインを管理するのは jprs(株式会社日本レジストリサービス)です。

ccTLDの種類

ccTLDには下記のようなドメインがあります。

co.jp

これは株式会社など日本において登記行なっている組織資格があります組織に資格があります

or.jp

or.jpとは財団法人や宗教法人農業協同組合など、日本憲法に基づいて設立された法に登録資格があります。

ne.jp

ne.jpは日本国内でネットワークサービスを提供している法人などに登録資格があります。

gr.jp

gr.jpは、4人で構成されている任意団体または複数の個人の団体が登録する資格があります。
その際代表者などの登録が必要です。

ac.jp

ac.jpとは、学校法人が登録資格があります。

ed.jp

ed.jpは、保育園幼稚園小学校中学校など、18歳未満の学校などを対象とするドメインです。

.go.jp

.go.jpは日本の政府機関及び各省庁などで使われています。

日本の汎用jpドメイン、SLDドメインとは

ccTLDは多少時間がかかります。

ccTLDは登録企業の印鑑証明が登録時に必要になります。
手続きに時間がかかるので早くドメインを取得する場合は早めに申請行いましょう。

SLDドメインについて

SLDドメインとは、日本の汎用jpドメインのことをいいます。

汎用jpドメインは、 ccTLDドメインのように印鑑証明は不要です。
また取得制限がないので個人でも企業でも取得することができます。